忍者ブログ

だいこんの徒然草。 更新は気まぐれに行います。
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私がゆるく繋がっているブログの友人に息子さんが産まれたらしい。

心からおめでとうと伝えたい。

生命はリレーだ。
私という存在が古びれて消えてしまっても、私の一部だった存在が生命を繋ぎまたその存在の一部が次の生命を繋ぐ。

いつか見た本にあった。
「母や父の血を繋いで、僕の子供がまたその血を繋ぐ。それも永遠の命だ。」

ずっと繋ぐ、生命。

私の受け継いだ血が、
彼の受け継いだ血が、
ずっと繋がれて行きますように。

PR
うちには迷惑な親戚が居る。
まあどこでも独りや二人は居るだろう。
ただ、その親戚から考える世の問題。

その親戚は私と同年代で、結婚する際に古都京都に嫁ぐのが自慢だったらしく
「私、京都の人になるん!!大きいお家も建ててもらうんでぇ!!」
とお国言葉バリバリで親戚の寄り合いの時に話していたのが印象に残っている。

私はその京都の人の
「よそ者を受け入れない」「本音を話さない」「京都以外は田舎だと思っている」
という事を身を以て体感したことがあったので、
あのお国言葉バリバリで世間知らずな人が
ネットで知り合った相手の京都人と上手くやれるのか・・・
と大きなお節介ながらちょっと気にはなっていた。

結婚後一年目は夫婦で来たりしていたのだが、
三人目出産の後里帰りしたまま
いっこうにあれだけ自慢した京都の御殿に帰る気配もなく
子供たちを連れてしょっちゅううちに遊びに来ていた。

その時に私の家の介護問題に口出ししたのがきっかけで、
私のなかで彼女が「世間知らず」から「顔も見たくない人」にグレードアップしたのだが。。。

ある日、あまりに頻繁に家に来るのに辟易した姑が
その子の母(姑から見て妹に当たる)に
「あの子、ずっとこっちに居るけど京都に帰らんの?」
と聞いたところ。
「いやちょっと・・・旦那が亡くなった、ってことにしといてくれる??」
というとんでもない答えが返って来た。
「まあなんでもいいけど、うちの嫁に介護の事で色々言うのならあまり家に来ないでね」
とさらっと答えた姑にもビビったが。

しかしその後も野菜が出来るたびに呼んでもないのに手ぶらで収穫に訪れたり、
子供三人連れて法事に手ぶらで訪れて散々飲み食いしたり、
他の親戚に子供が出来ると先輩ママぶって余計なことしたり、
まあなんというか鼻つまみ者である。

その娘に自立しなさいというでもなく、
親戚の集まりや人のうちにお邪魔するときのマナーを教えるでもなく、
貰えるものは貰って帰れ、というその子の両親も神経を疑う。
何かあればうちは母子家庭が一緒だから大変なのよ、だ。
大事な跡取りが出来た、とも言っていた。

問題はそこだ。
一昔前子連れ離婚なんて事をした娘を歓迎して甘やかす親がいただろうか。
大げさかもしれないが身内の恥扱いで、少なくとも親戚の家にしょっちゅう顔を出すなんて事はさせなかったのでは。
ましてや子供三人も産んでの離婚って、、、
二人のときにで話し合って別れた、ならまだ少し理解が出来る。お互い辛かっただろうなとも思う。
しかし子供が出来たからには責任があるのでは。。。

離婚は今は多い、母子家庭に偏見を持つな?
確かにそうかもしれないが、こんな家族が近くに居るとどうしても偏見を持つ。

私は古いかもしれないが、娘に子供が出来てからは実家で甘やかすなんて事はしないだろう。





結構気に入っていたはずの仕事を退職し、なぜかうどん屋の店員なんぞをしている今日この頃。

退職した理由?
一つは本当に情けない話ではあるが先立つものが稼げなかった。
収入から支給されてない交通費(遠いので万単位で飛んで行った)を出し、勤務中昼ご飯を食べ、コンビニでジュースでも買ってればもう手元には残らない。何のための仕事か解らなくなっていた。
もう一つはモチベーションの低下。
もっと地盤工学のことを知りたくて勉強のために。。。とも思っていたが、若くてぴちぴちしたリケジョが沢山入社してくると何となくそっち贔屓になるよな人の世の常として。パートで時間も短いし、そんな感じでぐだぐだになりました。

時々帰ってこないかと電話がある。
が、行けば行くほど貧乏になるので仕事的には魅力があるがお断りしています。


そしてうどん屋の店員。
ずっと実験なんぞしていた私は軽いコミュ障の様になってしまい、人の目を見て話せなくなっていた。自農園の野菜を売り込んだり、ギャラリーカフェを開店させたいなんて思っている私がそれではマズいだろ。
とりあえず、カフェはまだハードルが高そうなのでこの地ならではのうどん店(笑)にパートのおばちゃんとして潜入。有名店なのでものすごい行列な上、うどんうってる大将がのんびり屋でせっかちなお客さんにつつかれながらレジで引きつった笑顔を見せてます。

ま、慣れるかね。

あとは、ちょっとした友人の手伝いで選挙の手伝いのあと政治的な活動にも参加中。
色々ネームバリューって大事なのね、と思う最近。

そんなこんなな毎日。





久々にショッピングモールに行って来た。
子供がゲームセンターで流行りの着せ替えゲームをしている時私は夫に言った。
「あとでちょっとゲームしたいから子供たち見ててくれない?」


子供にあんまり良い影響がないと思ってもう十年来位していないシューティングゲームをした。
自分がアメリカ空軍の戦闘機に乗っているという設定。
今の自分にはおあつらえ向きだ。


撃って撃って撃ちまくった。


平和って・・・。
心の豊かさって・・・。
何なんだ?


しらけきった顔で自己責任って騒ぐやつ。
お前はもし自分の大切な人が
「ちょっと海外に行ってくる。」
と言って搭乗した飛行機が同じようにテロにあったとしたらどうする?
同じように あいつの自己責任だというのか?


憎むべきは無差別テロであって、政府でも個人でもない。
なぜ、そんなことが解らない??


「くっっそおお!!!」
人の目も気にせず叫んでしまった。
ゲームはあと一機でコンプリート、のとこで撃墜された。


「こんなことがやりたい訳じゃないんだよ・・・」
涙目でつぶやく私。
不思議そうに私を見る夫。
それでいい。
こんな馬鹿みたいな蒼い気持ちなんか、夫にだって解る訳が無い。
馬鹿だ。


でも、蒼くたっていい。
大人ぶってカッコつけてこんな気持ちも感じられなくなるなんて絶対に嫌だ。
私は、この蒼さは無くさない。


なかなか更新できないまま、年明け。

最近のこと。

地盤調査の仕事に転職して数年。
英文学専攻だった人が理系の仕事場を渡り歩く不思議(笑)

茶道を始めた。
どハマり中。やっと公民館講座で上級者になれた程度ですが。
掛け軸(書道と論語)、漆器、焼き物など日本の伝統を勉強するのも楽しい。

その位かな。

決して昔の事を振り返りたくない訳ではないのですが…。
最近の自分が、自分史上一番好きです。
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[04/17 あると]
[03/14 未宇]
[02/21 通りすがり]
[12/20 rose]
[12/20 rose]
プロフィール
HN:
だいこん
性別:
女性
自己紹介:
儚いもの、哀しいこと、破滅的な物語に
惹かれているが本人は天真爛漫。
都会に憧れていた事もある田舎住まい。
隠れオタク。


バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/08)
(11/09)
(11/16)
(11/20)
(11/27)
アクセス解析
カウンター
Edit by : Tobio忍者ブログ│[PR]